2016/08/23

GCC 6.2.0 の巻

GCC 6.2.0 が出ましたので、 手持ちの 6.1.0 にパッチを当ててみました。ツールおよび Haiku 本体のクロスビルドでは特に問題ないようでしたが、icon-o-matic/transformable/TransformBox.cpp での ICE だけはまだ直らないようです。
/home/haiku/haiku/haiku/src/apps/icon-o-matic/transformable/TransformBox.cpp: In function 'float point_line_dist(BPoint, BPoint, BPoint, float)':
/home/haiku/haiku/haiku/src/apps/icon-o-matic/transformable/TransformBox.cpp:512:1: internal compiler error: Segmentation fault
 point_line_dist(BPoint start, BPoint end, BPoint p, float radius)
 ^~~~~~~~~~~~~~~
ICE については、前回は最適化を部分的に抑えることで対応しましたが、point_line_dist() の一番最後の min_c() を fmin() に変更することで対応できるようです。テストコードも書いてみたりしたのですが再現できなかたったので、Haiku 公式対応待ちでしょうか。
@@ -519,10 +519,9 @@ point_line_dist(BPoint start, BPoint end, BPoint p, float radius)
             p.x, p.y));
     }

-    return min_c(point_point_distance(start, p), point_point_distance(end, p));
+    return fmin(point_point_distance(start, p), point_point_distance(end, p));
6.2.0 からは、各種 linux でも gcc5 からの移行が進むようですが、Haiku は 6.3.0 からかな?

2016/08/21

再び光る宇宙の巻

原作では、マリーダさんの激闘と慈愛で相当ページを使っているのですが、尺の関係かえらく短いのがもったいない。リディ少尉もわけわかんないことになってるし。姫様の演説の時は大胆に変えて成功だったと思うんだけど…

アルベルトに寄り添うシーンがなかったのが可哀想…

2016/08/20

そして伝説へ… の巻

ドラゴンクエストIII (ファミコン用) 終了。ファミコンのゲームを終わらせるのはなんと人生初の経験です。

ゲーム開始のきっかけは最近のドラクエ推しもあったのですが、一番は、近くのホームセンターのセールでファミコン互換機が 900 円で売っていたこと。これに中古のカセットを 108 円で購入し、バックアップ電池の入れ替えと端子の清掃を行って冒険のスタートです。ちなみに新電池の固定はメンディングテープによるグルグル巻きです。しかし、ゲーム代より、電池とテープ代のほうがはるかに高いという…

本ゲームはすでに発売から 29 周年ということで各種マップの公開を始め、有効なバグ技も開発されており、イベントなどの美味しいところは子供に任せて、お父さんはバグ技でしみじみパーティのレベル上げをこなしました。おかげでラスボスを勇者のギガデイン連発で沈めることができ、親子でなんとかエンディングを迎えることができました。

なんの情報もなかった発売当時の人々はものすごく大変だったでしょうね。今うちにあるこのカセットを以前使っていた人は終わらせることはできたのでしょうか?

ドラゴンクエストI (ファミコン用) へ続く...

2016/08/18

シン・ゴジラの巻

2014 年版の時はおっさん比率が高かったが、今回は結構女性比率高し、監督マニアなのか?

内容的には、どうにも映画向けじゃない話だったなぁ。どちらかといえば小説で好きなだけ書いてくださいって感じ。途中まで現実的ぽくやったんだから、最後まで現実的に地味にガチンコ勝負やって欲しかった。

「放射能獣-X」はどうだったかな?

今度 TV で放送することがあれば、一番最後のシーンだけは止めてゆっくり見たいと思う。ひょっとしたらあれが米国産にない国産のこだわりかもしれないから。

2016/08/14

宿命の戦いの巻

ここから先は競争だでなく、 OVA 未視聴領域になりますので、最終回までぼちぼちと行きたいと思います。

箱の在り処が発覚したことで、いろいろ動いているようですが、ボンボンの存在はなんだかなぁと。一般人代表というわけでもないし。

無駄キャラまでとは言わないが、彼に見せ場を作ってあげるなら、やはり姫を宇宙に送り返す時だったかな。「灼熱の脱出」のように。そこならいろいろ吐き出せたし、主人公に託すこともできただろうに。

2016/08/01

ぶらりままちゃり旅の巻

梅雨明けの週末は、久々に八王子方面へ。

八王子行き 3 度目にして、ついに八王子市内のルートが最適化されたようで (相模線沿いに進み、京王の築堤をトンネルで抜けて野猿街道へ)、これからは迷わずに行けるでしょう。そういえば、行程の 6 割は川沿いでしたが、川にはみずポケモンはいないようで、トレーナーの方にはあまり出会いませんでした。

ちょっと寄り道をして、工場?


いい感じなお店。


今回早めに着きましたので、線路沿いに西八王子まで足を伸ばしてみました。これでままちゃりでの中央本線駅めぐりは 3 駅目 (相模湖、八王子、西八王子) となりました。もうすこし余裕があれば高尾までいけるかも?


西八王子〜八王子間にはいくつかいい感じの建物がありました。これだけでもここまで足を伸ばした甲斐がありました。


こちらもいい感じですね。


お昼はいつも八王子駅前でサンドイッチを買ってましたが、残念ながら 3 月に閉店してしまったようです。次に行くのは、冬か、来年か?高雄までがんばって行ってみましょうか…

2016/07/24

リサージェンスの巻

ストーリーを考えずに気楽に見る分にはいいですね。意外と午後ロー向けかも。

来月の国産ゴジラはどうしようか、なんとなく 2199 臭が漂うような…

2016/07/17

溜めビデオの巻

結構消化したなぁ…
  • メガ・シャークVSグレート・タイタン
    軽い内容の中で、博士の言葉が重い。
  • レギオン
    ババァがインパクトでかすぎ!
  • ゼロ・グラビティ
    宇宙服って結構丈夫なのね…
  • コモドvsキングコブラ
    なんじゃこのオチは?
  • 昆虫物語 みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜
    この色合いは好き。
  • マグノリアの花たち
    魔女がいい味。邦題は難しいね。
  • マレフィセント
    こちらの魔女さんには、なぜ殺さなかったのに気づいて欲しかったねぇ。

2016/07/10

Streaming !! の巻

現在、Barrett さんが MediaKit の Streaming 対応を進めています。こちらでも、IRC で動作報告が上がったのでテストしようとしましたが、海外のインターネットラジオは m3u 形式での配信が多く、直接 MediaPlayer や playfile では再生できませんでした。

調べたところ、m3u はテキストファイルで、その中に mp3 stream への URL を含んでいるということがわかったので、wget で m3u をダウンロードして中の URL を取り出して試してみました。


以下は無事に再生できるようです。
http://play.organlive.com:7000/128 (http://www.organlive.com)
http://play2.organlive.com:7000/128 (http://www.organlive.com)
http://itori.animenfo.com:443 (https://www.animenfo.com)

残念ながら日本のインターネットラジオは asx 形式での配信が多く、こちらはまだ再生できないようです。今後に期待!

In English (short)
MediaPlayer and playfile can't play m3u directly, but we might play m3u by extracting mp3 stream url from downloaded m3u file.

2016/06/30

Testing haiku build with clang の巻

gcc6 に続き、clang で Haiku のビルドを試していますが、ビルドには至らずいまのところ警告やエラーの確認と報告にとどまっています。

clang では 符号なし型変数の負数との比較や、変数の型より大きな定数との比較など条件内のミス的なもの (-Wtautological-compare) が結構検出されるようです。たぶん gcc でもオプションを変更すれば同じことはできると思いますが、両者の思想の違いを感じるところです。

その他、ヘッダーガードの間違い指摘 (-Wheader-guard)、class と struct の使い分けの不一致 (-Wmismatched-tags) なども面白いと感じました。

ちなみに、gcc6 は svn branch版 (6.1.1) に切り替えていますが、icon-o-matic での ICE はまだ直らないようです。う〜ん。